メンズファッションのシューズ(靴)と着こなしの話

ファッションはシューズ(靴)で決まる

「おしゃれは足元から」なんて言葉あるように、メンズファッションにおいて「シューズ(靴)」というものは重要なポイントになるアイテムです。ファッションというものは足元から見られています。ですから、着る服に合わせて靴を選ぶのも立派なファッションのひとつです。男性の中で多いのが、年がら年中同じスニーカーを履いているという方がいます。そんな方はファッションにおいて論外です。今日からは、着る服に合う靴を選ぶようにしましょう。いろんなパターンのファッションに合わせられるように、靴の種類をおおく取り揃えておきましょう。種類別で2足くらいあるとベストです。

メンズファッションのスニーカーについて

スニーカーは人気定番アイテム
最近のメンズファッション業界では、以前に流行っていたスニーカーが再度流行るという現象が起こりはじめています。スニーカーは動きやすさや、履きやすさなど様々なファッションに合わせることが出来ます。そして、スニーカーは革靴などのような靴底が硬い材質で出来ているのではなく、ゴムの柔らかい材質で出来ています。だからこそ、歩行時にカツカツと音がなることがありません。ですから、忍び寄るという意味の「sneak」というのが語源になっているのです。スニーカーが流行るまでは、硬い材質で出来た靴が主流でしたが、NBAなどのプロスポーツ業界が出来てから徐々に流行り始めました。種類もたくさんあり、ローカット、ハイカット、バスケットシューズ、リーボック・フリースタイルなどなど、たくさんの種類があるため、うまく組み合わせることによってメンズファッションに華を彩れることができるのです。

メンズファッションの着こなしについて

ファッションとは言うまでもなく、経験が物を言う世界です。「板に付く」とはよく言ったもので、制服でも何でも新人さんは、どことなくぎこちなく見えるものです。では一部の職業の人を除いて、一般にファッションのバリエーションの少ない男性が着こなしを学ぶのにはどうしたらよいでしょうか。着こなしとは、ただ高級品を持っているとか、沢山の服を持っているというだけで身に付くものではありません。そこにはメンズファッションに対する、哲学とも言うべきセンスがなければならないのです。例えばTPOをわきまえるとか、普段着であってもジャケットとパンツの素材や色の取り合わせを間違えない、また配色に気を配るなど、ちょっとした気遣いの積み重ねが洗練された装いを生み出す大切な経験となります。ですから、センスを磨くためにファッションレベルを上げるように意識して服を選ぶようにしましょう。